観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページしまねツウ

しまねツウ

Naosyuke

ぶらっと行って見た!(瀬崎リトライ 編) Naosyuke 2017-06-19 10:54:30 

先日、波が高く見ることができなかった、ひょうたん池火道を見に行って来ました。

今日も若干波はあったものの、先日に比べるとはるかに穏やかな海。これならなんとかなりそうです。

先日行けなかった地点から先に進んだところ、これがまた結構な潮だまりの連続。フラフラしながら水面に顔を出している石の上を歩んで進みます。

時折、写真右のように高い波が来るので要注意!(;^_^

約15分でひょうたん池に着きました。駐車場から距離にして約550m。

 

これがひょうたん池です。

見事にひょうたん形ですね。

長さも5mぐらいあるでしょうか。まぁ、うちの風呂よりちょっと大きいぐらいですかね(大嘘)。

これはポットホールといい鬼の舌震いにもあるのですが、岩の裂け目にあった石が水の力によって回転。その際、岩と石が摩擦することによって長い年月の間に彫り進まれて出来たもので、ひょうたん池は二つのポットホールが繋がって出来たもののようです。

穴の底には丸くなった岩がいくつも転がっていました。深さは私の身長くらいあるかもしれません。

私もここまでこの穴が深いと思っていなかったので正直感動しました。

穴の中には取り残された魚も結構居ました。思わず「獲りたい!」っと思ったのですが、流石に深すぎて無理でした(;^_^。

 

崖には溶岩が流れ出た証拠の火道(白いところ)も確認出来ました。

多分大山に起因する溶岩だとは思うのですが、ここまで溶岩が流出たと言うことに驚きを感じましたよ。

 

帰りに、近くにある綱掛けの松を見学。

鎌倉時代の終わりにあたる西暦1331年の元弘の変によって、隠岐の国に島流しとなっていた後醍醐天皇が、1333年の閏年2月24日に伯耆の国の名和一族を頼って隠岐の国を脱出された時、瀬崎の灘に船を着け、艫綱を松の木に繋がれた。その灘を殿浦と呼ぶようになり、松を綱掛の松と呼んだと言い伝えがあります。

との事です。

樹齢何年なんでしょうね、この松。

最後に日本海を照らす太陽を写して帰りました。

 

今回も各地元の方の長年の御努力により、普段出来ない素晴らしい経験をさせていただきました。

ありがとうございました。




コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

Naosyuke

(殿堂入り級)Naosyuke

2017-07-02 23:24:45

ごめんなすってさん、こんにちは。
磯遊び、波にさえ気をつければ色々な生き物がいるので楽しいですよ。
釣りをするにも基本平らな場所なので長靴履いていれば大丈夫そうです。

ごめんなすって

(ルーキー級)ごめんなすって

2017-07-02 15:19:12

磯遊びにはぴったりの場所ですね

Naosyuke

(殿堂入り級)Naosyuke

2017-07-02 10:46:02

トッチャさん、こんにちは。
地元の人間でもあまり気がつかないので、県外の方だと難しかったかもしれません。
おっしゃる通り、地元のマイナーな情報に結構面白いものがありますよね。

トッチャ

(ルーキー級)トッチャ

2017-07-01 16:02:47

こんないいところがあったとは。一昨年の旅行では近くまで行きながらよりませんでした。地元の情報が大切ですね。

Naosyuke

(殿堂入り級)Naosyuke

2017-06-19 23:31:05

しまにゃんちゃんさん、こんにちは。
こんな所があるんだなと知っていただけるだけで嬉しいです。
ありがとうございます。
古代史以降、島根の歴史はあまり教科書にも載らなくなるのですが、実際は面白い出来事が起こっています。
何かの形でご紹介できたら良いですね。

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2017-06-19 23:04:32

Naosyukeさんこんばんは(=^・^=)

先の投稿も拝見しています

このように早い再訪、そしてひょうたん池など数々の写真を、ありがとうございます

学校では習いましたがおとぎ話のように感じていた歴史の数々が、実話だったのだと、改めて思わされる投稿です
大山の溶岩が遠くまで流れたと何かで聞きました、きっとNaosyukeさんの書かれてる通りでしょうね

Naosyuke

(殿堂入り級)Naosyuke

2017-06-19 22:55:55

風見鶏さん、こんにちは。
波は一応静かだったのですが、急に高い波が来るので気は抜けませんでした。
苦労する価値のある眺めでした。もちょっと楽に行けると良いんですけど。
後醍醐天皇の遺構は、鳥取県西伯郡大山町御来屋の御腰掛け岩、船上山と残っています。辿って見ると建武の新政に繋がるコースがわかって楽しいですよ。

Naosyuke

(殿堂入り級)Naosyuke

2017-06-19 22:36:22

ここでもkinocoさん、こんにちは。
当日、釣りをしているご夫婦がおられたのですが、タイミングが合わないと波の為に行けないみたいです。
ちなみにお二人とも長靴でした。私はスニーカー。なめてました。

ひょうたん池、直に見るとため息が出るぐらい綺麗ですよ。
機会があれば是非!

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-06-19 21:58:01

Naosyukeさん、ばんずまして。

足元の悪い中、お疲れ様でした。
波の影響を受けなくて良かったと思いました。

私の家の風呂も5mには遠く及びません・・・。
及んだとしたら、水道代や電気代を想像すると大変なことになりそうです。

後醍醐天皇は2年くらい隠岐で過ごしたことも知りませんでした。
勉強になります。

最後の写真、日光が水面を見事に照らしていると感じました。

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-06-19 18:36:43

Naosyukeさん、こんばんわ。
リトライありがとうございます(^o^)丿
写真を拝見すると、これは確かに、ちょっとでも波が高いと危なそうな場所ですね。
約550mで15分というのが悪路を物語ってます。
 
でも、この「ひょうたん池」の眺め、すごいですよ!
苦労して行った甲斐があったと言えそうです(*^^)v
(実際に行ってないから言えるセリフかもしれませんが・・・)(^_^;A
 
「ぶらっと」とは言いにくい貴重なレポ、ありがとうございました!

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです