卒業記念の、神楽面・オロチ
おっさん@すきま
2024年06月17日

昨年、小学校が、「総合施設」に移転した、
益田市真砂小学校。

旧校舎の玄関には、各年度の卒業生が残した「卒業制作」がありました。
さすがに益田です。

人数が少ないので、地元のおっちゃん達が「基本型」まで作ってくれて、
生徒さん達は仕上げをするようなパターンだそうです。

移転先の総合施設(公民館、体育館、保育所、診療所など併設)に移動されたそうですが、
ちょっと目立つ所には見えませんでした。

コメント
おっさん@すきま
画面地図が、更新されていませんが、
印の付いてる場所が、旧校舎。
公民館、保育園が、同じ総合施設に入ってます。
2024年06月17日
ちょび子
小学校の卒業制作で、地域の文化に触れられるなんて、とてもいい取組ですね!
きっと大人になっても、故郷の思いでとして残るでしょうね~。
2024年06月18日
おっさん@すきま
たぶん、「平成17、18、19年度」は卒業生が1人ずつで面が一つ。
「平成20年度」は、3人いたからオロチが3体だったんじゃないかと想像します。
2024年06月18日
ちょび子
な、なるほど!何人かで1つの面を作ったのかと思っていました。汗
ものすごく手厚いですね!
でも、いい思い出を共有できる人がもう少しいるといいですね。
2024年06月19日
おっさん@すきま
まあ、卒業生自体が少ないですからねえ。
中学校は統廃合でなくなりました。
~中学校の跡地に総合施設。

(2人3人で協力したのかもしれませんが、お面を分担のほうが難しいかも?)
2024年06月19日
おっさん@すきま
新しい小学校公民館保育園ほか総合施設は、
地図でいえば、JAの右下のへんになります。
2024年06月21日
ちょび子
「益田市立地域活性化交流館」という名前なんですね。
地域コミュニティの核になりそうですね~。
2024年06月24日
コメントする
関連するリメしまNews
投稿する