観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページちびっこしまねっことお出かけ♪広島県 「広島市の大州雨水貯留池の見学に行ったにゃ。」の巻

ちびっこしまねっことお出かけ♪

広島県 「広島市の大州雨水貯留池の見学に行ったにゃ。」の巻 2018-01-20 21:50:26

こにゃにゃには~。

しまにゃんちゃんさんと一緒に、広島市の大州雨水貯留池の見学に行ったにゃ。


場所は、マツダスタジアムグランド地下にあるんだにゃん。
なので、地上の設備はマツダスタジアムに隣接しているんだにゃ。


搭載8000kgの大きなエレベーターに一同感嘆の声が上がったにゃ!
地下には大型車両も入るそうで、
通路もとっても広いんだにゃ。


再利用水貯留・処理槽は1,000立方メートルで、
グラウンドの散水や
球場正面玄関に向かって右にあるせせらぎ水路やトイレの洗浄水にも使われているんだにゃ。。


浸水被害対策用雨水貯水槽は14,000立方メートルもあり、
広島市を水害から守る施設!ということで、
カープの下水流選手とこのようなポスターも作られているんだにゃ~。

雨水貯水槽の中は、見学立ち入り場所は掃除がされていて、
土砂の中にはうっすらモヤシが・・・
やはり広島、お好み焼きなんだにゃ。


天井に赤い丸がある地上は、
ちょうどセンターの守備位置で、丸選手だにゃ。
カープの赤に丸、にゃんだって♪


水道局は真面目そうでいて、ユーモアがあるなぁと思っていたら、
ナント!ご当地マンホールのカープグッズも販売しているそうで、
それも、種類が多く、驚いたんだにゃん!


マンホールカードはここのマンホールの写真なんだにゃ。
近くには、2016年優勝記念のマンホールもあるんだにゃ。
2017年優勝記念のマンホールも作っているそうで、
設置されるのが楽しみなんだにゃ~。
因みに、黒一色のは車道用で、カラーは歩道用にゃんだそうだにゃ。

 

とっても勉強になったんだにゃん★

 

*******************
★事務局からのお知らせ★

ちびっこしまねっこの送付は終了いたしましたが、
レポートの送付は引き続き受け付けております。

「ちびっこしまねっこ」をお持ちの皆さま
引き続きのレポートをお待ちしております~

 


コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

うさぴょん

(殿堂入り級)うさぴょん

2018-02-03 13:09:59

しまにゃんちゃんさん こんにちは!

カープの球場の下にこのようなものがあるとは知らず。
ちょっと知っていそうな方に聞いてみたら
「主要部材にプレキャスト部材が使われており・・・・・」
と話が始まっていしまい。苦笑してしまいました(笑)

私も、今回の投稿をきっかけに わからないながらも お勉強になりました!
知らない事って多いですね♪

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2018-01-24 17:55:24

風見鶏さんこんばんは(=^・^=)

トイレの表示、私はまだ球場では見たことがないのです、いつも見忘れるのか、私が入ってトイレにはないのか?(そのようなことはないと思いますが)

下水流選手の現状は、職員さんや見学者さんのお話で知りました、カープの為にもこの施設の為にもがんばっていただきたいです

私もこのように多くの商品が販売されているとは初めて知り、驚きました

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-01-24 00:17:54

しまにゃんちゃんさん、ばんずまして。

見学会が開催されているようですね。
このような設備があることは知りませんでした。
トイレの水を有効活用していることはマツダスタジアムのトイレに掲示されていたのを見たことがあります。

下水流選手、今年は正念場です。
右打ちの外野手ということで、バティスタ選手との競争になります。

マンホールグッズの存在は知っていましたが、Tシャツまで販売されていることは知りませんでした。

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです