観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

応援団の草の根活動

ただいまの指令

世の中には「無」くても、島根には「在」るんです。 神在月だから言いたい!知りたい!「あなたのBest of 神社 in しまね」

今年も11月27日に神迎祭が執り行われます。

通常11月は「神無月(かんなづき)」と呼ばれますが、
島根では八百万の神様が出雲大社にお集まりになるとして
「神在月(かみありづき)」と呼ぶんです!

ちなみに島根県は全国で一番、
人口に対して神社が多い県ということをご存じですか?

そこで、みなさん!! 

島根や島根に縁のある「お気に入りの神社」や
「ここの神社でご利益いただいた!」、
「ここの神社は他とは違うパワーを感じる」など、
ご自身のベスト神社を教えてください!

■参考HP
https://www.travelvoice.jp/20160909-73317

  • 投稿する
  • 過去の指令

  comment (8)


コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください
  • ※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
  • ※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
  • ※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。
  • ※「利用規約」に同意の上、ご投稿下さい
紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-07-18 23:11:59

あすっこさん こんばんは

小さなデジカメで写したスナップ写真ばかりですが、未投稿の物もありますのでボチボチとアップしたいと思います(^.^)

全員参加形のカルタは楽しかったですね、もうそろそろ新作を造っても良さそうな気もします♪

コメントありがとうございます!(^^)!

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-07-18 23:08:48

風見鶏さん こんばんは

お祝いのお言葉ありがとうございます(^.^)とうとう6度も殿堂してしまいました。まぁ、あまり変わった事はありませんがw

美保関沖から仁万沖まで回遊しているなら仁万も不漁でしょうね。

コメントありがとうございます!(^^)!

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-07-18 23:05:15

ここでもkinocoさん こんばんは

箸休め(^.^)ではありませんが、なんとなく夕日を投稿したくなったので。コメントありがとうございます!(^^)!

あすっこうまっこ

(精鋭級)あすっこうまっこ

2017-07-18 22:22:07

紀伊さん こんにちは。

夏のイカ釣り漁船の集魚灯の夕景・・・季節も、ふるさとも、感じるいい写真ですね。

紀伊さんは、きれいな風景、島根の写真たくさんお持ちなので、次に「かるた作り第2幕」ある時は、リメンバーしまねかるたから、もうすぐ3年経つので、一緒につくりたいなぁ~と、思いました。

仁万港の夕景、撮って頂いてありがとうございます。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-07-18 21:48:37

紀伊神谷さん、ばんずまして。
6度目の殿堂入り、おめでとうございます。

写真を見た瞬間に「イカ釣り」だとわかりました。
美保関では不漁という投稿がありましたが、仁万ではどうなのかと気になる私です。

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-07-18 20:54:21

しまにゃんちゃんさん こんばんは

何回か同じ様な投稿をしているので、またか!と思われる方もいらっしゃるかも。この場をお借りしてゴメンナサイです(笑)

コメントありがとうございます!(^^)!

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-07-18 20:02:07

紀伊さん、こんばんわ。
この休日は、らとちゃんフィーバーしてしまいましたが(^^ゞ
こういう、しっとり落ち着いた風景も良いですね(#^.^#)

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2017-07-18 13:52:02

紀伊神谷さんこんにちは(=^・^=)

懐かしいですねぇ

イカをはじめ新鮮な魚介は石見の自慢です

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです