観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

応援団の草の根活動

ただいまの指令

全市町村コンプリートを目指せ!! 島根の各市町村の面白キャッチフレーズを考えよう!

日本一どこにあるか知られていない県「島根県」、香川県の「うどん県」、広島県の「おしい!広島県」、お隣の鳥取県の知事が言った「鳥取はスタバはないけど、日本一のスナバがある」にゃど、
どの市町村もインパクトもある秀逸なキャッチフレーズでご当地を盛り上げてるにゃ。

そこで島根県内にある19市町村(8市10町1村)のキャッチフレーズをみんにゃで考えて欲しいにゃ。

もちろんオフィシャルにゃのはこちらのようにあるけれど、ここはリメンバー的にインパクト重視!!
で、おもしろコピーを考えて欲しいにゃー。


19市町村、コンプリート目指して、みんにゃのアイデアを待ってるにゃん!

  • 投稿する
  • 過去の指令

  comment (8)


コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください
  • ※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
  • ※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
  • ※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。
  • ※「利用規約」に同意の上、ご投稿下さい
ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-02-05 18:09:20

馬庭卓夫さん、こんばんわ。
ヱビスビールも今は、琥珀やシルク、ブラックなどなど種類が増えましたが、やはり昔ながらのノーマルなのが一番ですね。(^~^♪
美味しんぼにも登場してたとは知りませんでしたよ~

馬庭卓夫

(殿堂入り級)馬庭卓夫

2017-02-04 21:02:48

ここでもkinocoさんこんばんは。エビスビールと言えば、苦味もさることながら独特の色の濃さが特徴的ですよね。蛇足ですが私、美味しんぼでエビスビールの存在を知りました。

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-02-04 19:02:03

紀伊さん、こんばんわ。
えびす様として信仰される神様は、日本では大別して、島根・美保神社と兵庫・西宮神社の系列にわかれるそうですね。
ヱビスビールは、どちらの系列なんでしょうか・・・
ま、そんなムツカシイ話は別として、東京・恵比寿でいっぱいやってみたいですね~(#^~^#)

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-02-04 19:01:23

うさぴょんさん、こんばんわ。
飲まない方は、御存じないかもしれませんが、「ヱビスビールあります。」は、居酒屋や小料理屋などではお馴染みのポスターなんですよ。(^^ゞ
一仕事終えて、ヱビスビールで一息ついてる恵比須さまの絵を思い浮かべてしまいますね。(#^.^#)

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-02-04 19:00:14

風見鶏さん、こんばんわ。
島根に関連ないといったら「ヱビスビール」も、そうなってしまいますが・・・(^_^;)
私も、黒ラベルは定番ですが、モルツ系のビールといえば「ヱビス」だったのが、最近は「プレモル」になって来てますね(^^ゞ

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-02-04 15:30:10

ここでもkinocoさん こんにちは

恵比寿ビール、東京恵比寿が発祥の地らしいですね。
エビスビール記念館もあるらしいです、いってみたいです

うさぴょん

(殿堂入り級)うさぴょん

2017-02-04 12:28:53

ここでもkinocoさん こんにちは!

恵比寿さまは、ヱビスビールをご愛飲??

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-02-04 10:26:20

ここでもkinocoさん、こんにちは。

しばらく、ヱビスビールを飲んでいません。
「黒ラベル」なら、大阪のバタデンオタさんと一緒にカープファンご用達の居酒屋で飲みましたが。

独特の苦みに「好き嫌い」が分かれるイメージがありますが、久々に飲んでみたい心境です。

島根関連とはいえないコメントで恐縮です。

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです