観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページ言わせて!聞かせて!わいわい広場

言わせて!聞かせて!わいわい広場

石見神楽カレンダー

石見神楽カレンダー

石見神楽カレンダー 風見鶏 2018-02-11 13:12:16 10

2月は「岩戸」です。

天の岩戸に隠れた天照大御神を天の宇津女命(うづめのみこと)の舞に八百万の神々が賑やかに囃し立て、天照大御神を外に連れ出した。
再び世の中が明るくなった。

種神楽保存会による舞です。
種神楽は嘉永6年頃に始まったそうで、黒船襲来の時期と重なります。
現在は子供神楽も活動しているそうです。

天照大御神が引き籠ったのは弟の須佐之男命の乱暴に困ったことが原因です。

現代風にいえば、弟の家庭内暴力に困った姉が引き籠りになり、周囲の尽力により引き籠りが解消されたといった感じでしょうか。

須佐之男命は追放されて出雲の地に降り立ち、八岐大蛇を退治して更生したことになります。

神様の世界も「人間っぽさ」があるようです。



  • この記事のコメントへ

コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-02-12 23:09:43

しまにゃんちゃんさん、ばんずまして。

コメントをありがとうございます。

私は書店に行く機会が全くありません。
100円ショップでは現在でも少しばかりカレンダーが販売されているのを見ています。

松江観光カレンダーは島根ふるさとフェアで販売されていました。
リメンバーしまねに投稿するカレンダーは「現地調達」が私には難しいのが難点で、今後も送料や振込手数料を軽減する方法を考えないといけません。
11月後半から12月にかけて島根に行く用事があれば良いのですが。

お伊勢参り、生きているうちに何とかしたいと思います。

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2018-02-12 18:08:52

風見鶏さんこんばんは(=^・^=)

後に投稿しますが、今井書店に立ち寄る機会があり、いくつかのカレンダーはあったのですが風見鶏さんを含めリメしまに投稿されているカレンダーは見当たらず、リメしまの投稿は貴重だなと改めて思いました。

いつの日かちびっことお出かけにお伊勢参りの投稿があることを楽しみにしています

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-02-12 11:27:12

うさぴょんさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

島根ふるさとフェアでは毎年多くの演目が披露されるので、「まとめて鑑賞」する絶好のチャンスです。
良い席を確保するのが大変ですが、人気がある証拠でもあります。

お伊勢参りも何とか実現させなければと思っています。
「おとなび」を利用して新大阪から伊勢に向かえば少し交通費が抑えられそうですし、京都から伊勢に向かえば京都での乗り換えが楽だったり、少しずつ作戦を練っています。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-02-12 11:21:04

トナさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

天の岩戸と大蛇は1,2を争う有名なエピソードになります。

先月、広島での島根ふるさとフェアでは2日間で6つの演目が披露されました。

「神楽鑑賞」を主目的にして2日間の過ごし方を考えるのも良さそうだなと思ったりしています。
2日間のステージでは神楽、和太鼓、各エリアのPRがあり、今回はリメンバーしまねの特別ステージも開催されました。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-02-12 11:13:40

ここでもkinocoさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

天の岩戸を開くために神々が催した宴が神楽の起源、勉強になりました。

国譲り神話により、天照大神と大国主命に少しばかりの上下関係ができたとも言えますし、昼の世界を司る伊勢神宮・夜の世界を司る出雲大社という対等と言える関係になるのか、以前から気になっています。

大国主命の義父(須佐之男命)の姉が天照大神になるので、天照大神のほうが少し格上なのかなと思ったりもしています。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2018-02-12 11:03:46

紀伊神谷さん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

天の岩戸、お馴染みというか有名な話になりますね。
舞台上で「それぞれの舞」を披露というか組み合わせるには、かなりの練習量が必要だと思いました。

子供神楽ではお馴染みというか特に有名な演目から取り組まれるのだろうかと、ふと思いました。

うさぴょん

(殿堂入り級)うさぴょん

2018-02-11 23:58:32

風見鶏さん こんばんは!

天照と言えば、やはり神宮を思い出すうさぴょんです。

未だに、石見神楽を見ていないのですが
この演目を見ないといけませんね。

トナ

(殿堂入り級)トナ

2018-02-11 21:35:39

風見鶏さん こんばんは
天の岩戸といえば1・2を争う有名なエピソードですね〜♪
オロチ退治とならんで石見神楽で表現されるのにぴったりの演目だと思います(^^)私も見たいです〜。

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2018-02-11 21:26:32

風見鶏さん、こんばんわ。
この神楽、大国主命とはビミューな関係にある天照大神を讃える内容という事なんでしょうが、この天の岩戸を開くために神々が催した宴が、神楽の起源とも言われてるそうで・・・
なかなか奥の深そうな演目ですね。(^^ゞ

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2018-02-11 20:16:57

風見鶏さん こんばんは

「岩戸」石見神楽の中でも最も神聖化されている演目ですね(;^ω^)
この舞の特色は児屋根命が翁舞、太玉命は神舞、大神と宇津女命が
女舞、手力男命は荒舞というように、それぞれの舞方が組み合され
ています。「天岩戸・あめのいわと」として演じる社中もあります。

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです