観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページ言わせて!聞かせて!わいわい広場

言わせて!聞かせて!わいわい広場

奥出雲の酒粕で甘酒づくり!

奥出雲の酒粕で甘酒づくり!

奥出雲の酒粕で甘酒づくり!

奥出雲の酒粕で甘酒づくり! 島根コレクターいわし 2018-01-03 23:52:19 5

島根のいろんな物を集めています!

出雲大社からの帰り道、妹家族とは別行動で道の駅めぐりをしました。(笑)

道の駅酒蔵奥出雲交流館まで行って、酒を買いました。(*^^)v
そこで、純米酒奥出雲の酒粕と、その純米酒奥出雲も買ったので甘酒をつくりました。

いわしお得意の手抜き作業です。



画像1 甘酒づくりの材料です。

砂糖を忘れていました。(笑)



画像2 酒粕をぬるま湯と一緒にミキサーでガーッ!



画像3 鍋に入れて弱火にかけ、砂糖を入れてお好みの甘さにします。

いわしの場合、冷めてから酒を入れてアルコール分を足してやります。(笑)


久しぶりに作ったんですが、美味しい甘酒が出来上がりました。
これをペットボトルに入れて、冷蔵庫で保存します。
飲むときはレンジで温めて、生姜を入れても美味しいですね。

ちゃんとした作り方だともっと時間がかかりますが、島根の酒粕が手に入ったらネットで作り方を調べて、みなさんも挑戦してみてください!

まあ、そげなやなことですわ。 m(__)m



  • この記事のコメントへ

コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

島根コレクターいわし

(精鋭級)島根コレクターいわし

2018-01-06 15:28:28

訂正です。

縁の水ですが、正しくは「モンドセレクション」です。

 m(__)m

島根コレクターいわし

(精鋭級)島根コレクターいわし

2018-01-06 15:26:13

しまにゃんちゃん、こんにちは!

左から読んでも「水道水」、右から読んでも「水道水」、まったくその通~り!ですね。(笑)

恥ずかしながら、いわしの住んでいる美保関町惣津地区、上水道が整備されたのは平成になってからなんですよ。^^;
それまでは、近くにある大井戸から水を引いていました。
何軒かで仲間を作り、朝と夕に当番さんが井戸のコックを開ける「時間給水」だったんです。
それを大きな桶に溜めて使っていました。
風呂は自前の井戸を使っていましたが、家の前がすぐ海なので塩分のある井戸水でした。
大雨の後のお風呂は、だいたい泥風呂でしたね。(笑)

ですので、「蛇口から出る水=水道水」と言う感覚が未だにピンと来ないんですよね。
ホント、言われてみて気付きました。(笑)


田舎に住むと言うことは、いろいろと不便も多いんですよね。(笑)

コメントだんだん! m(__)m

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2018-01-06 12:27:30

島根コレクターいわしさん再び(=^・^=)

私はいろいろ買わないと揃いませんが、島根コレクターいわしさんは島根の水は水道水でいいのではないのでしょうか?・・・

そうそう、アイコンが私の好きなしまねっこのぐい飲みになりうれしいです
コメントの「シラスの頃のいわし」、まだお会いしたことはありませんが、思わず想像して微笑ましかったです

島根コレクターいわし

(精鋭級)島根コレクターいわし

2018-01-05 22:34:07

しまにゃんちゃん、こんばんは!

水も松江市の水道水「松江 縁の水」がペットボトルで売られていました。
この水、モンドコレクションで最高金賞を受賞しているんですよ。
でも、ちょっとお高いんで、お隣の奥大山の水になりました。(笑)

いわしは純米酒しか飲まない主義なので、酒粕も純米酒の酒粕です。

コメントだんだん! m(__)m

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2018-01-05 21:39:37

島根コレクターいわしさんこんばんは(=^・^=)

いい方法を教えていいただきました
それに、これはおいしくて上等なお酒の酒粕なのでおいしいですよね
これで、水も生姜も砂糖(島根産があるのかしら?、なければ蜂蜜でも)も島根産を使えばですね

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです