観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページ言わせて!聞かせて!わいわい広場

言わせて!聞かせて!わいわい広場

にがお絵&ギャラリー ののむら 風見鶏 2017-08-12 22:09:49 6

「ののむら」と聞いて、ピン!ときたら高校野球ファンですね、
開星高校野球部元監督、野々村直通氏のギャラリーです。

場所は県民会館の東側、みしまやヴェルデ中央店と同じビルです。

野々村氏は「山陰のピカソ」と呼ばれ、開星高校では美術の教師でした。

似顔絵、肖像画、ウェルカムボードなどを野々村氏の直筆で作成していただけます。
オンラインでも作成依頼ができるようです。
ペットの似顔絵も依頼できます。

私も機会があれば、一度、訪れてお会いしてみたいです。
怖そうなイメージがありますが、実直な方だと思っています。

開星高校、私の母の母校でもあります。
今大会は初戦敗退でしたが、甲子園に行けるだけでも羨ましく感じます。
私の母校が甲子園に無縁なので・・・。

一度でよいので、甲子園出場に伴う「寄付」とか「応援ツアー」に参加してみたいですが、今のところ私には甲子園は「見果てぬ夢」です。



  • この記事のコメントへ

コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-08-14 22:33:37

ここでもkinocoさん、ばんずまして。

コメントをありがとうございます。

公立だと地名が入っている学校が多いですが、私立は地名が入っていないことが多いので、「どこの学校?」と思うことが多くなったように思います。

私の母校、最近は梅雨明けよりも早い時期に敗退することが多く、「梅雨明け前に夏が終わった」と嘆くことが多くなりました。

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-08-14 09:36:46

風見鶏さん、こんにちわ。
お盆休み期間は、TVで高校野球観戦の機会が増えるのですが、近頃の出場校は失礼ながら、「この学校どこ?」と思うことが増えてしまいました。
ちなみに私の母校は一度だけですが、公立高校ながら甲子園出場を果たしていて、その時には「この学校どこ?」と思われていたのではないかと思います。(^_^;)
話がずれてしまいましたが、野々村元監督は文武両道の方と言えそうですね(^_^)v

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-08-13 21:35:32

しまにゃんちゃんさん、ばんずまして。

コメントをありがとうございます。

ここ最近では、開星高校が最も出場回数が多いと思います。
昨年は出雲高校が甲子園出場、大社・浜田・安来・大東高校の「県立校」も島根県大会では上位に進出することが多いです。

本日は私の職場の同僚が出身校で香川県代表の三本松高校の応援に甲子園へお出かけされていました。
山口県代表の下関国際高校に勝ち、次は東京の二松学舎大付属高校と対戦します(カープの鈴木誠也選手の出身校です)。

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-08-13 21:28:01

うさぴょんさん、ばんずまして。

コメントをありがとうございます。

お盆休みになり、昼は高校野球、夜はプロ野球の中継を見る日が続いている私です(いわゆる「ぐうたら」な生活になっています)。

特派員さんと松江に行く機会があれば、お二人を描いていただくのもよろしいかと思います。

しまにゃんちゃん

(殿堂入り級)しまにゃんちゃん

2017-08-13 14:05:11

風見鶏さんこんにちは(=^・^=)

これも初めて知りました。

スポーツに疎い私も今夏、開星高校を知りました
ええ、甲子園出場はすごいですよね・・・

うさぴょん

(殿堂入り級)うさぴょん

2017-08-13 00:19:52

風見鶏さん こんばんは!

高校野球に全く御縁のないうさぴょんです!!

「にがお絵&ギャラリー ののむら 」と言われてもピンと来なかったです(;^ω^)

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです