観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]

トップページ言わせて!聞かせて!わいわい広場

言わせて!聞かせて!わいわい広場

西谷墳墓群史跡公園

西谷墳墓群史跡公園

西谷墳墓群史跡公園

西谷墳墓群史跡公園 ここでもkinoco 2017-05-17 06:56:39 6

今回はマミアックな史跡ネタ(^_^;)
四隅突出型墳丘墓のある出雲市の西谷墳墓群史跡公園に行ってきました。
 
四隅突出型墳丘墓というのは、方形墳の四隅が突き出た形の古墳(写真1上・参照)で
山陰地方や北陸地方などの限られた地域にしか見られません。
また作られた時代も弥生時代後期までで、古墳時代に入ると作られなくなるという珍しい古墳です。
 
(写真1下)の3号墳は、上から見れないので形がよくわからないかもしれませんが、
(写真2上・下)の復元された2号墳は、少し形がわかりやすいかと思います。
(写真3上・下)2号墳の内部は展示室になっていて、埋葬者がホログラフィで浮かび上がる展示がありました。
 
これらの古墳を作った古代出雲の権力者たち、当時の出雲はどんなだったんでしょう・・・
古代のロマンあふれる場所です(*^_^*)



  • この記事のコメントへ

コメントを書く

 ※メールアドレスは掲載いたしません

  • 絵文字を使う ルー
キー級から使えるようになるよ! ルーキー級とは?

上の漢字と同じものを入力してください

※島根を応援していくために、愛情をもって投稿くださいね。
※投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。
※投稿いただいたコメント・ニックネームは、退団された後にも当サイトに残ります。

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-05-18 18:39:36

紀伊さん、こんばんわ。
権力者にとっては、力の象徴でもあるわけですが、使役される庶民は大変だったでしょうね。ま、いつの世も・・・といったところでしょうか(^_^;)
しかし、こういう物を作りあげたという古代出雲・・・やはりスゴイです。何か底知れないモノを感じますよ。(#^.^#)

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-05-18 18:37:00

風見鶏さん、こんばんわ。
巨大古墳は権力の象徴でもあり、ここでは、重要な祭祀の場所でもあったようです。
確かに横から見ると、城跡のようにも見えますね。(^^ゞ
ただ、城の石垣は簡単に登れると困るのに対し、この墳丘の場合は祭祀のために上に登りやすくないと困るのが大きな違いですね。(^_^)/

ここでもkinoco

(殿堂入り級)ここでもkinoco

2017-05-18 18:35:12

まいたろさん、こんばんわ。
私の数日後には、まいたろさんも行かれてたんですね!
娘さんも、いい勉強になったと思いますが、眺めもいいところで、勉強とかより(^_^;)天気のいい日ななら気持ちのいい場所ですね。(^^♪
ところで、弥生の森博物館なんですが・・・実は見事に休館日で(@_@;)
よすみちゃんには会えませんでした(*_*)

紀伊神谷

(殿堂入り級)紀伊神谷

2017-05-17 23:21:19

ここでもkinocoさん こんばんは

広いですね!古代のどの位の人数の方たちによって構築されたのでしょうか。まったくの人力でかなりの年数をかけ完成した当時の
苦労がしのばれる風景ですね(*^_^*)

風見鶏

(殿堂入り級)風見鶏

2017-05-17 20:47:17

ここでもkinocoさん、ばんずまして。

広さも高さもあることが写真から伝わります。
強大な権力を握っていたのだろうと想像します。

写真2ですが「城跡」と勘違いしそうになる私です。

まいたろ

(殿堂入り級)まいたろ

2017-05-17 17:40:10

ここでもkinocoさん こんにちは

おお!西谷墳墓群史跡公園、私も連休中に訪問しましたよ!娘がちょうど授業で古墳の勉強をしていたので、実際の史跡を見せてあげようと立ち寄りました。ホログラフィ、ちょっと背筋がゾクっとしましたよね。。。。これが古代出雲王?すごーいなどなどワーワー言いながら見学してました。
きっと弥生の森博物館にも立ち寄られたかと、よすみちゃんはいましたか?私は折り紙で作れるよすみちゃんレシピを頂きました。

トラックバックをする

ご自分のブログに島根を応援する記事を書く
下記のURLにトラックバックを送る

トラックバックしていただいた記事は、内容を確認させていただいた後でページに掲載しております。表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

トラックバック一覧

本文の終わりです